広島の婦人服、製造・卸・販売のmode kayoのカフェ・雑貨部門がスタートしました!

by modekayo

憧れの・・・

東京から、おじとおばが帰省して来られました。
祖母と他界してからは帰省される機会が減ってしまいましたので、我が家には10年ぶりに来られました。
東京で大学の先生を務め、学術界に大変貢献されたおじとおばです。
小さい頃はそれでも無邪気に遊んでもらったものですが、今となってはますます憧れ度合いが高まり、我が家であるにもかかわらずすっかり舞い上がってしまいました(#^.^#)

おじは放射能学者として世界を旅して学会へと出られていました。
学会で旅したヨーロッパの街並みを、毎年年賀状で版画や水彩画に描き、私たちの目を楽しませてくださいました。
私が小学生だった頃、ルービックキューブがはじめて発売された時には、おじはそれを手に取ってしばらく眺めていたかと思うとあっという間に6面をそろえてしまいました。その時私にはマジックのように見えたものですが、「あれはマジックではなく数学だったんだなあ」と今になって思います。

おばは国語学者でした。読書を通じた国語教育を研究し、国語教師たちの教師として教鞭をとっていました。
シェイクスピアについて大学生と座談会をしているところをテレビで見たことがありますが、カッコ良過ぎました。
俳句を趣味とし、今度俳句集を出版する予定です。父と過ごした幼少期のこと、戦時中のことを詠んだ句を読ませていただきました。愛あふれる素敵な句ばかりでした。出版されましたら、このブログでもご案内させていただきたいと思います。

昔とかわらずハンチング帽をかぶってこられて、ただ新聞を読んでいるだけの姿もさまになっている、いつまでも私の憧れのおじとおばでした。
よくしゃべるよくしゃべる(笑)本当に楽しいひとときを過ごさせていただきました。


b0203440_81017.jpg

庭に咲いていたわすれな草。清楚で可愛いです。
                                                         
[PR]
by modekayo | 2011-04-23 08:08